便利!海外で現地通貨が引き出せる「国際キャッシュカード」│お金の準備

お金の準備

現地で現金が必要なときの調達方法!

預金から現地通貨を引き出せる「国際キャッシュカード」

クレジットカードじゃないので、気軽に持つことができるカード「国際キャッシュカード(インターナショナルカード)」。メリット・デメリット、おすすめカード等をご紹介します。

海外旅行に便利な国際キャッシュカードについて

atm_icatch

海外旅行先の現地通貨を引き出す方法は?

【海外ATMで現金を引き出す方法】

今回紹介している「国際キャッシュカード」と、「クレジットカードのキャッシング」、「VISAデビットカード」3つの方法があります。

■クレジットカードでのキャッシング
持っているクレジットカードをそのまま使用できるので、簡単に利用できる点が魅力。必要経費として、クレカの通常の年会費、現金を引き出した分の金利手数料だけ掛かります。

■国際キャッシュカード
預金が海外でも直接引き出せるカード
原則的に「即時決済」なので、クレジットカードと違って発行は無審査(一部除く)。年齢制限のある場合でも、下限は低く設定されているので学生や子供の持てるカードとして人気。

■VISAデビットカード
口座とオンラインで連動しており、店舗で買い物をする際に提示すると代金が口座から引き落とされる。原則的に引き落としは即時で、口座に残高が無ければ使用できない。
Visaマークのある加盟店で、クレジットカードと同じ手順で利用できる便利無カード。 ※只し、支払い回数に関しては1回のみ(一括)!

国際キャッシュカードの詳しい仕組み・使い方

国際キャッシュカード(海外キャッシュカード・インターナショナルキャッシュカード)は、日本で使っている銀行口座にある円預金から、旅行先のATMを使って現地通貨で引き出せるカードです。

口座にある円預金から引き出される ⇒ 引き出した現地通貨は日本円に換算される ⇒ 手数料とともに日本の円預金口座から引き落とされる

おすすめの国際キャッシュカードランキング

■シティバンク銀行
シティバンク銀行では、口座を作った人に発行されるキャッシュカード「バンキングカード」が、そのままインターナショナル キャッシュカードとして利用できます!

世界200以上の国・地域で、約190万台のVISAインターナショナルのPLUS(プラス)CD/ATMで円普通預金口座から現地通貨が引きだせるので、ほとんどの観光地で問題なく使えます。

※手数料について
海外CD/ATMで引き出す際に、手数料として1回あたり200円(税抜き)かかります。

■新生銀行
新生銀行では、総合口座パワーフレックスのキャッシュカードを、海外ではインターナショナル キャッシュカードとして使えます。世界約200カ国・地域、約190万台のVISAインターナショナルが運営するPLUS(プラス)のATM・CDで現地通貨(1日上限10万円まで)が引きだせます。

※手数料について
利用するCD・ATMによっては、設置金融機関独自の使用料がかかる場合があるので要注意。

もっとお手軽に使える!海外専用プリペイドカード「キャッシュパスポート」

年齢制限がもっと低く、使い切りタイプのプリペイドカード「キャッシュパスポート」はご存じですか?

発行手数料無料、年齢制限がゆるい、審査なし、急いでいる人に嬉しいスピード発行の便利なカードです。

↓※近日、更新予定↓
⇒海外専用のプリペイドカード「キャッシュパスポート」

コメント